フラクセル3とは

フラクセル3は、皮膚の再生をうながすことを目的とした治療機器です。レーザーを照射することで皮膚に意図的にダメージを与え、それによって皮膚の自然治癒力を刺激、活性化させてターンオーバーを押し進め、新しい肌に再生させるというのが、基本的な治療のメカニズムになります。
先行機種であるフラクセル2との違いは、従来の1550nmに加え、1927nmというさらに長い波長のレーザーを照射できるようになり、皮膚の表面だけでなく、皮下組織にも照射できるようになった点です。波長の切り替えは、ハンドピースのスイッチで簡単に行うことができます。

 
1550nmの波長のレーザーは主に皮膚の表面を焼いて削り取るような働きをします。小じわや傷など、比較的痕の浅い箇所に使用されます。一方、1927nmの方は皮膚の奥にダメージを与えるため、真皮層の組織を再生することが可能です。炎症を繰り返してデコボコの痕が残ってしまった皮膚も改善することができます。

 
いずれのレーザーの場合も、照射直後は軽い炎症ができますが、冷やせばすぐにおさまり、ダウンタイムはほとんどありません。その後治療箇所にはかさぶたができますが、1週間程度で剥がれます。ただし表皮をピーリングする治療法なので、治療中は皮膚が外部刺激に弱くなります。特に紫外線には注意をしないとシミの原因になるので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。